2016年05月28日

☆『女醫明妃傳』1〜50集(完)

サントラが発売になるし、霍建華が出ているので何げに見始めたら、結構展開が早く、先が気になって一気に見てしまった。
明代の話だが、登場人物は実在していたもののお話はフィクションらしい。明代舞台のドラマは多いと聞いているが、私が中国時代劇を見るきっかけは『還珠格格』で舞台は清代。以後あまり明代のものは見ていないような気がする。
まだ女医という存在が認められていなかった時代に、女医を目指したヒロインに皇帝二人がからむという、美味しい脚本。モンゴル人やら朝鮮人も出てきて興味深い。最後に霍建華演じる皇帝の息子役でチラッと最近売れっ子の子役の彼が出ているのはサービスかな(笑)。それにしても劉詩詩は売れっ子だ。私が見る時代劇ドラマに全部出ているかの印象だ。
主題歌もエンディング曲もいいのだがCD買うほど好きというわけでもなかった。サントラなら『瑯[王邪]榜』のが欲しいが、こちらは発売になっていないのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 12:24| Comment(0) | ドラマ(台湾・香港・中国・他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

☆『るろうに剣心 伝説の最期編』

IMG_5290.jpg

今日は農暦新年元旦。ということで取引先が休みなので結構ヒマだ(笑)。
シリーズ最終作なのに映画館に行けなかったこの作品を、廉価版DVDでようやく手に入れた。先の2作品は映画館で見ていたので残念だ。というのも今回もアクションが凄いから迫力が違う。
福山雅治のことは好きでもきらいでもないから映画館でどアップで見たいとは思わないが、アクションだけはね。それから映画館では感じられる風が吹く感覚。それもDVDでは伝わりにくい。
まぁそれにしても最後の死闘は凄かった。恨みvs愛なのかな。原作は読んでいないので、映画から感じるのはそんなことだ。
ラストに剣心が薫に紅くなった楓の葉を渡しながらさりげなく言う言葉が良かった。映画館で見ていたら、きっとここでは風を感じたに違いない。
また香港電影金像奨のノミネートが発表になり、見なければいけない映画もたくさんあるのだが、最近はドラマ『古劍奇譚』を見ているのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:38| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

☆『美女と男子』1〜20話(完)

image100040001.jpg

今日は突然仕事がキャンセルになり、早い時間に帰れたので最終回に間に合った(苦笑)。
最近全然余裕が無いが、再放送がなんとか見られる時間だったので全部見ることができたNHKのドラマ『美女と男子』。
20話という長さは海外に売りやすいようにということらしい。本当にこれくらい長いほうが見応えがあっていいと思うわ。
なんだかんだあるが、アットホームな芸能事務所が良かった(笑)。ただあまりにあっさりと終わってしまったので、続編を作るのかなとも思える。あの終わり方だと、これからどうなるんだろう?という疑問が幾つも残るしな。あまり期待せずに待つことにしよう。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 16:42| Comment(0) | 日本ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

☆『八陣圖』第1〜40集(完)

IMG_5975.jpg

なんだか武侠ドラマが見たくなって、買い置きしていた『八陣圖』を見始めたら、結構面白くてやめられなくなり、あっと言う間に見終わってしまった。
于波さん主演の武侠ドラマって、殆どファンタジーなのが好き(笑)。
諸葛亮が用いた八陣圖がテーマなのだが、これって陣形のはずなのだが、何だか長方体の薄い箱のような物として登場。
五丈原で諸葛亮は八陣圖を用いて戦うが病に倒れて死ぬ。八陣圖は600年後に再び現れるとの遺言。五丈原の戦いは234年。そして600年後唐の玄宗の時代…、正確には600年後じゃないやんと思うが、まぁ細かいことは言わないでファンタジーとして見ると面白い。
喜妃(楊貴妃)役の女優さんがセクシーなだけで華が無いので、最初はあの楊貴妃だとは思わずに見ていたのが笑える。反してヒロイン役の蔡少芬と周海媚がとても綺麗(笑)。
出演者がみんな若いので、いつの作品と調べたら2005年中国南方電視台の作品だった。
于波さんもかっこいいけど、いつも于波さんとセットで出演の楊俊毅も好き。だけどこの人は2010年に俳優を辞めて武術に専念しているらしい。この人は本当に武術をやってきた人で、やはり于波さんとこの人とセットだった張晉とも仲が良いらしい。

次はどうなるのかと気になる速い展開なので夢中で見てしまったが、最後がやや雑になってしまった感だったのが残念。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:30| Comment(0) | 武侠ドラマ(金庸原作以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

☆『笑ってトンへ』(笑o巴!東海)1〜159集(完)

image1.JPG

今年は韓国語をもうちょっと何とかしたい。と言うことで、ホームドラマで視聴率が高かったという『笑ってトンへ』を5月初めから見始めて、やっと見終った。1話は30分、韓国語の先生によると主婦が見やすい夜8:30〜9:00に毎日放送らしい。
脚本に多少のご都合主義や強引な展開はあったが、めまぐるしい展開で先が気になる気になる。ドロっとしそうだが一歩手前という感じ。コミカルな脇役もおり、サクサクと見ることができた。ホームドラマなので、日常会話や家族の言い方の復習になる部分もあってよかった。長いがもう一度単語に気をつけながら見るのもいいかもしれない。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:23| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

☆『金玉良縁』第32〜45集(完)

IMG_0534.jpg

少しずつ見て全45話を見終わった。このドラマは主演の霍建華が好きなこともあるが、ヒロインと第2ヒロインや第2主役の主要な4人の感じがとてもよく、楽しみに見ることができた。
42話・43話くらいでやや悪役の従兄弟がやり過ぎな演出があり、ちょっとうんざりもしたが、あとは台湾アイドルドラマみたいな展開で楽しかった。それに1話はやはり45分くらいがいい。
次はドラマ最新版『少年四大名捕』を見ようかと思っているのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:44| Comment(0) | ドラマ(台湾・香港・中国・他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

☆『金玉良縁』第31集

IMG_0534.jpg

全40話と思っていたら全45話だった金玉良縁』。今日は来客もあり忙しかったので1話だけ見た。
霍建華演じる金元寶の出生の秘密がそろそろ明らかになりそうな展開になってきた。ヒロインは秘密を知っているのだが、まだ本人には言っていない。そのちぐはぐで展開していくのかなと思う。

今日は来客もあり、ちょっと忙しかった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:54| Comment(0) | ドラマ(台湾・香港・中国・他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

☆『金玉良縁』第6〜30集

IMG_0534.jpg

大陸ドラマだが、よく見たら監督は香港人だった『金玉良縁』。1月からぼちぼち見ていて今日30話まで来た。
ドロっとなりそうでならないドラマで、いやな感じは一切無い。主要人物の4人もとても感じがいい。紆余曲折はもちろんあるが、金家のお母さんも元寶のことを実の息子のように扱っている。なので元寶が義理の息子だとは元寶も気がついていない。
ヒロイン二人が入れ替わっていたことがバレてあと10話くらいでどういう展開になるのか楽しみなのだった。
このドラマは主題歌もエンディングテーマも挿入歌も全部好きなんだけどサントラ無いので残念だ。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:23| Comment(0) | ドラマ(台湾・香港・中国・他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

☆『Healer』第17〜20集(完)

image10003.jpg

今日も引き続き家で妹と母親を見ながら『Healer』の続きを見てしまった。
18話くらいで一件落着のようになったが、まだもう一山やってくる。結局正体のなかなかわからなかった黒幕は大企業家だったとわかる。韓国には大企業がいくつもありますからね〜。
韓国ドラマの最終回はがっかりすることが多いので緊張したが(笑)、フェイントがあったものの一応のハッピーエンドになった。韓国語の先生が言うには、韓国ではとにかくはっきり終わりとわかる終わり方が好まれるらしい。だから最後死ぬとか多いらしい(苦笑)。
とりあえずちょうど良い長さだったし面白いドラマだったと思う。音楽も好きだったのでサントラを注文した。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:40| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

☆『Healer』第9〜16集

image10003.jpg

今日は家で妹と母親を見なければならず、テレビもずっと見ていれば面白くないので『Healer』の続きを見た。
このドラマの面白いところは、最先端のIT技術を駆使するところ。主人公を後ろで支えるのは、韓国警察のサイバー犯罪専門担当だった元女刑事。今はハッカーとなり、街中のありとあらゆるシステムに入り込み、主人公の活躍を支える。主人公とは会ったことがなく、通話のみ。主人公は彼女を「おばさん」と呼ぶ。それにしても日本でも街中の監視カメラのセキュリティが甘いことが問題になっているが、まさにその弱点を突くようなドラマだ。
物語上では過去が明らかになっていくうちに主人公の正体を知る人物が増えてくる。ヒロインを好きになって変わってくる主人公。主人公を庇って警察に捕まった師匠は殺されて打ちのめされてしまう。
それにしてもやはり普通の設定では無いドラマだし、主人公も普通の人では無いなぁ(笑)。とりあえず久しぶりに最後まで一気に見てしまおうと思っているのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:53| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

☆『真夜中のパン屋さん』1〜8話(完)

新しい朝ドラの関係なのか、一週間毎日続けて1話ずつ再放送された『真夜中のパン屋さん』を見た。前回地上波に降りての放送も見ていたのだが、前半に見ていない部分もあったので、今回全部見ることができて良かった。
原作本があるらしいが、仕事の相棒が言うにはドラマのほうが面白いとのこと。深夜から早朝にかけて営業するパン屋さんに、色々な人がやって来るが、悪い人はいない。見ていてちょっと感動したり、ホッとしたり。
CHARAが歌う主題歌「hug」も好きなのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:28| Comment(0) | 日本ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

☆『Healer』第6〜8集

image10003.jpg

予期せぬ来客がありくたびれてしまった。雑用をしながら見る『Healer』。だんだん過去に何があったか分かってきて面白くなってきた。
主人公の死んだ父とヒロインの実の父母は大学時代の仲の良い5人グループのメンバー。そして主人公の師匠もそのグループの一人。その中の二人は死んで、紅一点でヒロインの実母は半身不随。その実母は唯一成功して大新聞社の社主をやっている金の妻になっている。
過去の親世代の因果が子の時代にからむ王道と言えば王道のストーリーだが、今のところはあまりドロドロにはなっていないので、以後あまりドロドロにならないことを祈るばかり。
ふとしたことが原因で政界の大物を敵にまわしてしまった記者のヒロインの命を救う8話の終わりの主人公がめちゃめちゃかっこいいのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:16| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

☆『Healer』第3〜5集

image10003.jpg

本来は休みだったが、仕事の勉強会があり午前中に出社。ランチ会のあとでおやつを食べたら仕事をする気がなくなって『Healer』の続きを見た。
第2主人公はスター記者なのだが、一番悪いオッサンの弟ときた(笑)。脚本家がうまいかも。今のところは(笑)。
相変わらず過去の話は小出しにしていくパターンで先が気になるのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:23| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

☆『Healer』第2集

image10003.jpg

雑用的な仕事が山のようにあり、とりあえず急ぐものから手をつけていく。息抜きに見る『Healer』の2話。
ヒロインは小さいネットニュース会社の記者。芸能人のゴシップを追う。ヒルロはそのヒロインの髪の毛か爪を取って来いという以来を受けてヒロインに近づく。ヒロインの憧れのテレビ局のスター記者金文浩がその依頼人。まだまだわからないことが多いので、ピリピリしながら見てしまった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:51| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

☆『Healer』第1集

image10003.jpg

『ペク・ドンス』を見て以来チ・チャンウクが気になっていて『奇皇后』は見たのだが、現代劇は見たことがない。なんだか最近話題の『Healer』を1話だけ気分転換に見た。最近全部最後までドラマを見るってことがなくて、全部途中になっているのは忙し過ぎるせいだ。
さて、もう2年もやってるわりに全然ものになっていない韓国語では、伸ばす音は無いとのことで『Healer』はヒーラーでなくてヒルロ。劇中でもその発音。韓国語は簡単と聞いていたが全然簡単じゃないし発音が難し過ぎる。
私はまだ韓国語で見るのは10年早いので、中国語字幕で見ている。中国語やっていて良かった(笑)。
仕事しながらのながら見だったが、とっかかりの1話からめちゃめちゃ面白い。お話は結構複雑。過去に何があったのか小出しにしてくるパターンの脚本のようで先が気になる。
80年代と今がクロスするのだが、俳優さんは若い時は別の人がやっているので誰が誰の若い時なのかを認識してみないと訳がわからなくなるかも。
先は気になったが、16日まではそれどころでないので次は見なかった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:37| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

☆雑誌『Meets Regional』322 2015年4月号

IMG_2400.JPG

頭から湯気が出るほど忙しいのに、さらに翻訳の仕事が立て続けに入った。こんな時に食べたくなるニシカワパンの菓子パン「ピーナツバター」。会社の近所のセブンイレブンなら買えるはずなのに、2日続けて無い!会社を目と鼻の先に見ながら近所のあと2軒のセブンイレブンに探しに行き、一番遠い3軒目でようやく見つけた。ついでに久しぶりに買うミーツ。以前は毎月買っていたが、いつの間にか買わなくなっていた。忙しくて街歩きもできなくなって久しいからだが、最近香港人の友人らの接待やら仕事の勉強会やらでランチやディナーの店探しの必要に迫られているから、梅田特集はありがたいじゃないか。
この雑誌はあまりちゃらちゃらしていないのが好き。最近はグルメサイトもあれこれあるが、便利な反面一番知りたい情報がなかったり、西梅田と入れて検索しても、違うエリアの店が入っていたりでイライラすることも。
驚いたことに会社の町内会のオッサン天国みたいな店がちゃんと2軒紹介されているではないか(笑)。さすがミーツ。そういう驚きもあれば、しめしめ内緒にしておきたいあの店やあのエリアは載ってないな。よしよしってことも。
グランフロントの紀伊國屋書店ではすでに売り切れ状態のこの本、やっぱりみんな買いたくなるんだろうな。
相変わらずバタバタと仕事をしていたら浜松からのお客さんが来られてびっくり!
夜は楽しく広東語の授業だったが最後まで忙しかった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:41| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

☆『限界集落株式会社』第1話

IMG_11920001.jpg

先週土曜日に始まったNHK土曜日ドラマ『限界集落株式会社』を日付が変わってすぐ土曜日の明け方前に再放送で見た。仕事さえなければ今夜9時放送の2話が見られるのだが、それは無理っぽい。
原作とは設定がかなり変えられているが、限界集落を再生するという話の本筋は同じようだ。反町演じる正登が主人公。経営コンサルタント役の谷原章介がかなり怪しい人になっていて脇役だ。
原作通りなら経営コンサルタント役主役で反町も有りだったかも。
家中風邪ひきで私もややしんどい中で見たが、軽い話なので面白く見ることができた。原作と比べながら見るのもまた楽しいかもだ。
仕事は残業少々でやはり2話はまた再放送を見ることになりそうだ。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:34| Comment(0) | 日本ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

☆立春

IMG_1237.JPG

光の色が暖かみを帯びて気持ちいい。なのにインフルエンザだの風邪だのが大変流行っているらしい。家では母親と妹が風邪をひいていると思ったら、会社では相棒がゴボゴボ言っている。風邪包囲網だ。そんなゴボゴボ言いながらそばに来ないでよ〜と思うが言えない。同じ部屋に入れば同じことか。
今日は来客も無く、仕事をサクサクやって早めに帰った。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

☆『限界集落株式会社』

image2.JPG

今日から始まるNHKの土曜ドラマの原作本を5日間かけて電車の中で読み終えた。「限界集落」は最近よく耳にする言葉でとても絶望的な意味の言葉だが、そんな消滅危機の山あいの農村を再生させるお話。訳有りな一癖も二癖もある登場人物がたくさんで楽しく読めた。
見方を少し変えれば、日本の農業の未来は十分明るいのではないないかと思えてくるお話でなんだかホッとする。農業のことも少し分かるようになった感じで、政府の農業政策のニュースなども興味を持って見たり聞いたり読んだりできるようになった。
ドラマも再放送なら時間的に見られそうだ。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:53| Comment(0) | 書籍・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

☆『Woman In Love』Susan Wong

image100020001.jpg

寒い。月末の仕事を頑張りながら聴く香港のジャズシンガーSusan Wongの新譜。今回は女性歌手が歌った有名曲のカバー集(オリジナル曲を1曲だけ収録)。気が散るのが嫌で仕事しながら最近はなかなかCDが聴けないのだが、このアルバムは何故か気が散らない。むしろ仕事の効率を上げてくれる。
女性歌手の曲ということで昔の曲ばかりかと想像していたが新旧取り混ぜのオリジナルは、ジャンルもバラエテイに富んでいるのだが、Susanが歌うことで違和感なく聴く事ができる。それでもやっぱり私的にはタイトル曲とラストの「Never can say goodby」をしみじみ聴いてしまうのだった。
(小薫)
posted by 李婉薫 at 23:58| Comment(0) | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。